5月のレッスンに関するご連絡

4月は、緊急事態宣言を受けて対面レッスンを休講いたしました。
ご予約いただいていた方、申し訳ありません。

5月のレッスンは、11日(月)から再開予定です。
代替措置として、オンライン・郵送添削、一時休会も承りますので、
詳細は以下ご一読いただけますようお願いいたします。

 

■5月のレッスンについて

11日(月)から、定員減、換気・消毒等の対策を施した上でレッスンを再開予定です。スケジュールはこちらで公開しております。

※今後、政府や都の方針次第で、予定が変更になる可能性がございますので、予めご了承ください。

【注意事項】
・軽度でも発熱および体調不良がある方は、来室をお控えください。
・来室時はマスクを着用していただくよう、ご協力をお願いいたします。
・教室に除菌スプレーを用意しておりますので、来室時にご利用くださいますよう、お願いいたします。


■オンライン・添削による代替レッスンのご案内

オンラインレッスン、郵送による添削も承っております。ご希望の方はご連絡くださいませ。


①オンラインレッスン
開講日に実施するZOOMを使ったレッスンです。
(LINE、Facebook、hangout等のツールも対応可。)

レッスンの進め方はA・Bのいずれかとなります。
A:対面と同じ時間でのレッスン
B:予め課題を提出していただき、添削時にポイントをご説明(対面レッスンよりも時間は短くなります)

 

②郵送による添削レッスン
対面レッスン1回分で、2回添削可能です。
(月謝制の方は、月4回添削いたします。)
一部、オンラインでフォローさせていただく場合もございます。

 

■一時休会について
5月のレッスン休会をご希望の方は、ご連絡くださいませ。
チケット制の方は、休講期間分のチケットの有効期間を延長いたします。



コロナウイルスの収束までは長期化の様相を呈してきている中で、
可能な限り書道に取り組める環境づくりを行ってまります。

なお、現在、毎週土曜日に開催しているオンライン写経会など、
こういう時期だからこそ出来る企画も実施しています。

今後も様々な企画を検討中ですが、「こんなことをしてほしい!」という
ご要望等ありましたら、ご一報いただけますと幸いです。

暖かな陽気が続く中、思いっきり外に出られないのは残念ですが、
美味しいものを食べて、適度に運動をして、心身ともに健康にお過ごしください。

4月のレッスン休講のお知らせ

4月のレッスンは、コロナウイルス感染拡大の影響を鑑みて休講といたします。

チケット制の方は、休講期間分のチケットの有効期間を延長いたしますので、そのままお持ちくださいませ。

5月のレッスンは6日まで休講、以降のレッスンにつきましては、政府・東京都から出される方針を鑑みて、改めてご連絡いたします。

様々な情報が飛び交い、行動が制限される中ではありますが、不安やモヤモヤなどが少しでも晴れることを願っております。

明けない夜はないのは分かっているが、夜明け前が長すぎる

「こんな雰囲気でお願いします」というオーダーをいただいて制作する筆文字ロゴと、展覧会や審査に向けた作品とでは、同じ「字を書く」作業でも、使う筋肉が全然違う。

今やっているのは後者。作品を書くのは、自分の感情を紙にぶつける作業だけど、私のように、昔から、

「まずは相手ありきで、人の話を聞いてから、最適解を見つける」

というのを基本として生きてきた人間にとっては、相手と自分に流れる空気の良さが大事で(ぎゃんぎゃん大声でやり合うのとかほんとに苦手)、自分の感情を出すことを忘れがちになるので、この作業がすこぶる苦手だ。

実は自分の中の10%くらいしか出せてないんじゃないか…と思うこともある。

それだけ、今まで自分の感情を蔑ろにしてきたのかもしれないなぁ(遠い目)。 

今、作品作りに取り組んでいるテーマは、言葉も全体の雰囲気も、とんでもなく暗い。

SNSなどで見かけるキラキラポジティブな雰囲気などくそくらえ…くらいのネガティブさ(笑)

筆文字,現代アート,書道

キッチンのシンクはキレイに洗ったけど、排水溝の奥を見ると、こんなところにヘドロがたっぷりと…という感じ。

感情を押し込めるのをやめる作業なので、書いていて変な汗をかく。

どれだけ自分は感情をこじらせてるんだ…と思うけど、こればかりは後戻り出来るわけでもないから、仕方がない。

ヘドロがキレイになって詰まりも取れたら、次のステージに行けるんだろう…と思って書き続けるのみ。

そろそろ光が見たいなぁ…。(←作品を完成させたい、切実。)