世界一短いお経!?わずか42文字の  「延命十句観音経」を書いてみよう

4月からオンライン写経会を始めて以来、毎回多くの方にご参加くださっています。ありがとうございます。

オンライン写経会の様子はこちらで取り上げています。

ZOOMで写経会をやってみた~書道がオンラインの双方向型エンタメコンテンツになり得るか?~


この会ではいつも「般若心経」を書いていますが、時間にして1時間強。初心者の方が多い中で、皆さん集中して取り組んでいらっしゃいますが、文字数にして276文字。なかなか骨の折れる作業です。

でも、もし、こんなに書かなくても同じような効果がある!というものがあったら、どうでしょう?

実は写経の世界でもあります。

それが、これからご紹介する「延命十句観音経」です。

何か、ダイエット企画の「〇〇するだけで痩せる!」とか、テレビショッピングの「なんと、従来の製品よりもお得な!…」とか言っているようだ…。

実際に書いてみました↓

テンポ良く行けば、10分程度で書けます。

霊元天皇が、比叡山の僧侶・霊空に「最も霊験あらたかな経典を探せ」と命じて探させた結果、辿り着いたのが「十句観音経」と言われています。

このお経を広めたのは、江戸時代の有名な禅僧・白隠。

・病気が治った
・死を免れた
・蘇生した
・霊障を免れた
・人生の災難を逃れた

という実例を挙げて、延命十句観音経を唱えることを推奨し、一気に人気が高まりました。(「十句観音経」に「延命」と付けたのも白隠と言われています)

【読み方】
観世音(かんぜーおん)
南無佛(なーむーぶつ)
与佛有因(よーぶつうーいん)
与佛有縁(よーぶつうーえん)
佛法僧縁(ぶっぽうそうえん)
常楽我浄(じょうらくがーじょう)
朝念観世音(ちょうねんかんぜーおん)
暮念観世音(ぼーねんかんぜーおん)
念念従心起(ねんねんじゅうしんきー)
念念不離心(ねんねんふーりーしん)

【口語訳】
観音様。私は観音様に帰依いたします。
私は仏様とともにある因やご縁で生かされています。
仏法僧の三宝ともご縁で結ばれています。
常に楽しく浄らかなる悟りの境地を与えてくださいます。
私は朝な夕なに観世音菩薩を念じます。
その一念一念は、私の心の中から現れ、
私の心が観世音菩薩から離れることはありません。

十句観音経は、

中国・東魏の時代、無実の罪を着せられていた孫敬徳が、
処刑前夜、夢にお坊さんに「十句観音経を1000回唱えなさい」と言われ、
「私はそのお経を知りません」と答えると、お坊さんが自らお経を唱えてくれた。
彼は言われた通りに、十句観音経を1000回唱えたところ、奇跡が起こり処刑を免れた。

という言い伝えから、延命十句観音経は「1000回唱えると願いが叶う」とも言われ、現在も、日常の読経や写経などに用いられ、多くの人に親しまれています。

「延命十句観音経」については色んな解説本が出ていますので、ぜひ参考になさってみてください。

実際にご自宅で書いてみたい方向けに、延命十句観音経の写経用紙も販売されています。

般若心経に対して、延命十句観音経は、なぞり書きのお手本も少ないようなので、筆ペン・ペン字用で近々作るかもしれません。

5月のレッスンに関するご連絡

4月は、緊急事態宣言を受けて対面レッスンを休講いたしました。
ご予約いただいていた方、申し訳ありません。

5月のレッスンは、11日(月)から再開予定です。
代替措置として、オンライン・郵送添削、一時休会も承りますので、
詳細は以下ご一読いただけますようお願いいたします。

 

■5月のレッスンについて

11日(月)から、定員減、換気・消毒等の対策を施した上でレッスンを再開予定です。スケジュールはこちらで公開しております。

※今後、政府や都の方針次第で、予定が変更になる可能性がございますので、予めご了承ください。

【注意事項】
・軽度でも発熱および体調不良がある方は、来室をお控えください。
・来室時はマスクを着用していただくよう、ご協力をお願いいたします。
・教室に除菌スプレーを用意しておりますので、来室時にご利用くださいますよう、お願いいたします。


■オンライン・添削による代替レッスンのご案内

オンラインレッスン、郵送による添削も承っております。ご希望の方はご連絡くださいませ。


①オンラインレッスン
開講日に実施するZOOMを使ったレッスンです。
(LINE、Facebook、hangout等のツールも対応可。)

レッスンの進め方はA・Bのいずれかとなります。
A:対面と同じ時間でのレッスン
B:予め課題を提出していただき、添削時にポイントをご説明(対面レッスンよりも時間は短くなります)

 

②郵送による添削レッスン
対面レッスン1回分で、2回添削可能です。
(月謝制の方は、月4回添削いたします。)
一部、オンラインでフォローさせていただく場合もございます。

 

■一時休会について
5月のレッスン休会をご希望の方は、ご連絡くださいませ。
チケット制の方は、休講期間分のチケットの有効期間を延長いたします。



コロナウイルスの収束までは長期化の様相を呈してきている中で、
可能な限り書道に取り組める環境づくりを行ってまります。

なお、現在、毎週土曜日に開催しているオンライン写経会など、
こういう時期だからこそ出来る企画も実施しています。

今後も様々な企画を検討中ですが、「こんなことをしてほしい!」という
ご要望等ありましたら、ご一報いただけますと幸いです。

暖かな陽気が続く中、思いっきり外に出られないのは残念ですが、
美味しいものを食べて、適度に運動をして、心身ともに健康にお過ごしください。